地域発展に貢献することを活動目的としたコンサルタント会社です

TEL:058-259-4518

管理者研修のご提案

はじめに

管理者研修のご提案

企業が成長を持続・加速していくためには、体系的で戦略的な教育研修が必須となります。経営環境が変化する中で厳しい競争に勝ち残っていくには、社員一人ひとりの能力を向上させることが重要であり、そのことが経営のパフォーマンスを左右するといっても過言ではありません。教育研修が経営にとって真に効果的な施策であるためには、次の3点が重要なポイントになります。

①企業に必要な能力と現在の社員の能力を把握し、
②必要な能力を効率的効果的に向上させる教育の企画・実施をし、
③その結果を正確に測定できる。

企業における力量評価、人事評価などはこの①に該当する部分であり、人事異動の基になる情報であるとともに、教育研修を必要とする人員を把握し、最大限の効果が得られる人選をされるものと思われます。また、企業に必要な能力を求めるに際し、これから管理者になっていく人財の選定も重要な要素になります。

社員の満足度測定をする機会がありますが、この教育研修部分は非常に低いことが多々見受けられます。経営者の方の不安の解消だけでなく、社員の皆さんの満足度の向上のためにも、ぜひ、ご検討をよろしくお願いいたします。

課題

管理者を取り巻く職場環境は、大きく変化しています。目標達成はもちろん、コンプライアンスからメンタルヘルスまで、課せられるテーマは多岐にわたり、負担は増え続ける一方です。さらに、業務内容や部下の価値観の多様化に伴い、必要な知識や能力もより幅広く・深くなっています。

こうした状況のなか、管理者が経営者から期待される役割を果たすにはどうすべきなのか。これからの職場環境に適応する管理者とは、求められる能力・役割とは、これらの問題について自らが考え、気づいていく必要があります。

管理者のプレイングマネジャー化が進み、プレイヤーとしての個人の目標とマネジャーとしてのチームの目標の同時達成が求められるようになったといわれます。しかし、日常業務の多忙さや経験不足などにより、職場管理や部下指導など、マネジメント業務が疎かになってしまいがちな管理者が多くなっています。マネジャーとしての期待される役割や習得すべき能力を再確認し、意識的にマネジャーとしての役割遂行のウェイトを高めていくことが求められています。

「自分の目で判断してそのポストで成し遂げねばならないことを決心し、部下や上司、同僚や外部の人々を動かして、在任する何年間かの間に、自分の意思を実現する」という管理者の条件を満たせているかどうか確認する機会を設け、正しい役割認識をもつことで、上司からの指示の実行者(プレイヤー)から、能動的・自律的な部門経営者への成長を促さなければなりません。

目標と対象

1)目標

上述の課題に取り組むために、次のような姿勢で取り組むことができる管理者を育成します。

・「考え方/信念」を形成
・自分の頭で「考える」
・DT(Do Think)+Goal-PDCAで行動
・スッキリと「聴く/話す」

2)対象

既存の管理者だけでなく、将来の管理者候補も対象とします。人数としては、グループ活動が行えるよう、15人以上を対象とします。

研修プログラムの詳細

1)課題解決能力UP問題点解決研修

課題解決能力UP問題点解決研修

【目的と効果】

ビジネスを取り巻く環境が複雑化する中で、的確に問題解決をしていくには論理的思考力がますます重要になってきます。勘や思いつきといった場当たり的な問題解決では漏れも多くリスクが高い恐れがあります。

本研修では、問題を的確に解決するための思考力を向上させることを目的としています。現状の問題や原因を正確に把握分析し、解決するための施策を検討して決定する能力が必要になります。これらを繰り返し徹底的に行うことで、日常的に論理的で体系立った問題解決が図れるようになります。

【プログラムの概要】

①問題解決においてどのような思考力が必要とされるか、まずは概要を理解する必要があります。全社員研修で抽出された問題点を使って問題解決のための基本的ステップを学びます。

②問題解決の際にキーワードとなる分析、原因、対策といった用語の定義を明確にして、これらをどう構造化していくかを実際の問題点を使って行っていきます。

具体的な問題解決のための思考力を向上させます。解決施策を列挙し、各施策を評価し、実際の解決を図り、問題解決のレベルを向上させます。

2)キャリアデザイントレーニング

キャリアデザイントレーニング

【目的と効果】

本トレーニングは、社員が能動的にキャリア開発を行うために必要なスキルを提供します。これまでの自分のキャリアに対峙し自分のキャリアの強みと弱みを把握した上で、今後どう自己成長を遂げていきたいのか、自分との対峙を行うことは、社員にとっては自らの可能性を広げる機会を確保すると同時に、会社にとっては個人の成長による組織貢献の幅が広がることにつながります。

【プログラムの概要】

①自社及び自己を取り巻く様々な環境がどのように変化しているのか、グループで環境分析を行って現状の認識をします。

②ワークシートを使って自己のキャリアを書き出し、キャリアの強み・弱みを自分なりに整理します。整理したものをグループ内で発表し、他者から見て強み、弱みの認識が異なるものを指摘してもらい、認識に対する客観性を持たせます。

③あらかじめ実施した適性診断の結果を確認し、仕事やライフスタイルに関する価値観と照らして、今後のキャリアの目標を設定します。設定した目標を実現するためのアクションプランを作成し、グループ内のメンバーに対して発表を行います。

3)管理職を知るマネジメントの基礎

管理職を知るマネジメントの基礎

【目的と効果】

管理職には、目標達成のために組織及び人財のパフォーマンスを最大化するミッションが与えられています。管理職としての役割や必要な能力・スキルをきちんと確認することで、以降の円滑な組織運営が確実なものとなります。

本研修は、管理職としての役割認識及び組織をマネジメントしていく上で必要な事項について基礎的な事項を習得し、自組織における管理職としての役割を具体化することを目的としています。

【プログラムの概要】

①管理職について世間一般や法の定義からのアプローチと自社で求められるアプローチの2つの方向から確認をします。

②組織をマネジメントする上で必要な人財と業績の管理について基礎的な事項を習得し、グループ演習を行って実践的な解決法を学びます。

③各自が自組織においてどのようなマネジメントを展開すべきかをアクティビティとして列挙して、スケジュール化します。

4)MBOを理解する目標設定トレーニング

MBOを理解する目標設定トレーニング

【目的と効果】

MBO(Management by Objectives:目標管理制度)を有効に機能させるためには、

①全社目標に連動した適切な部門目標及び個人目標を設定すること
②目標を達成するための的確な業務指示を行うこと
③設定した目標達成の進捗を常時確認し、必要の都度目標の修正を行うこと

が重要です。

本トレーニングでは、全社と部門の間、部門と個人の間で経営計画に連動した適切な目標設定ができるよう実践的な設定でトレーニングを行い、MBOの効果をより確実なものにします。

【プログラムの概要】

①実際の目標達成の状況と全社業績とを比較し、MBOが適切に行われているかどうかを分析します。また、自社目標管理制度の目的と仕組みについて再確認を行います。

②部門ごとにグループ編成をし、部門の実際の目標を確認した上でメンバー間で話し合いながら定性・定量の目標を具体的な施策に展開していきます。この際には所定の目標展開フォーマットを利用します。目標展開の結果とプロセスを部門ごとに発表し講評します。

③実際の部下を選び出し、個人目標を設定するトレーニングを行います。上記②で展開した施策を個人目標に落とし込みます。設定した個人内容については、数名のグループに分かれて発表を行い、適切な目標であるかどうかをお互いに検証します。

5)段取り力向上トレーニング

段取り力向上トレーニング

【目的と効果】

企業が継続的に成長していくためには、各人の実務遂行力の発揮が必要です。特に若手社員にとっては、各人が与えられた指示を的確に理解し、高い品質レベルで期限通りに職務遂行できるよう作業計画を立てた上で、効率的に作業することが重要になってきます。

本トレーニングは、各人の担当する作業が求められる水準に達することができるよう、セルフマネジメントの一環として仕事を段取りする能力を向上することを狙いとしています。

【プログラムの概要】

①段取りについてグループ演習で討議し、なぜ段取りが必要かを確認します。

②簡単なケースを実施して現在の段取り力のレベル把握・確認を行います。

③段取りが悪いとなぜ不都合なのかを身近な職場のケースを用いて分析します。段取りが良いとどんな成果が得られるかを確認します。

④適切な段取りのためのステップを確認します。

⑤複雑なケースを使用して各人で段取りします。その後、グループ内でシェアして適切な段取りとは何かを議論し、発表します。

6)ミーティングマネジメントトレーニング

ミーティングマネジメントトレーニング

【目的と効果】

多くの参加者が集まり、共同して状況の認識や問題の解決を行うミーティングは、マネジメントの仕方によっては生産性が全く異なります。

本トレーニングは、ミーティングを効率的で生産的に運営するためのスキルを向上させることを目的としています。これにより、参加メンバーの当事者意識を促したり、意見の対立をうまくコントロールしたりすることができるようになる効果やミーティングのムダを排して短時間で最大限の成果を出せる効果が得られます。

【プログラムの概要】

①ミーティングがうまく運営されなかったケースを例にグループ内で議論し、失敗のポイントを整理します。

②ミーティングを実施する効果や目的を整理した上で、良いミーティングを実施するための方法を習得します。

③簡単なケースを使用してミーティングをグループ別に実施します。ミーティングの内容について、その過程と結論をグループごとに発表し比較して、グループによる差異点を全員で確認します。他グループとの比較により自グループにおける課題を明確にして次のミーティングに備えます。

④複雑なケースを使用してミーティングを実施します。結果をグループ代表が発表します。

⑤全体を通してミーティングの課題を明確化し改善ポイントについて共有します。

7)業務指示OJTトレーニング

業務指示OJTトレーニング

【目的と効果】

部門業務を効果的かつ効率的に進めるためには、的確な業務指示が不可欠です。部下に対して明確な目的を示して動機づけを行い、適切な指示を出すことで、計画に沿った業務遂行と目標の達成を図ることができます。

本トレーニングは、個々の社員が仕事の目的を理解し、高いモチベーションをもって業務遂行にあたれるよう管理者の具体的指示スキルを向上させることを目的としています。

【プログラムの概要】

①業務指示/OJTを実施することでどのような効果が得られるのかを理解します。

②簡単なケースについてロールプレイを行って現在の業務指示/OJTのレベルを把握、確認します。

③業務指示/OJTの具体的な方法を8つのステップから確認します。

④実務的な場面を想定したケーススタディを使用してロールプレイを行って相互に指摘し合って8つのステップの定着を図ります。その後、グループで話し合って本ケースにおける部下の育成方針と作業項目を具体化します。

8)プレゼンテーションスキル向上トレーニング

【目的と効果】

多くのビジネスシーンは、社内外を問わず、自分の考えや提案を効果的に伝えることで相手を説得し共感してもらい実行を促す場面で成り立っています。この場面を最大限に活用することができれば、自己を取り巻く環境を味方につけることが可能となります。

本トレーニングは、魅力的なプレゼンテーションを行うために必要なスキルの習得とテクニックをマスターすることで、弱点を克服し、管理者がプレゼンテーションに自信を持つことを狙いとしています。これにより、聞き手にとって魅力あるプレゼンテーションが可能になります。

【プログラムの概要】

①効果的なプレゼンテーションとは何か、及び効果的に行うためのテクニックを理解します。

②実際にプレゼンテーションを実施して、ビデオを再生しながらグループ内メンバーからフィードバックを受けます。

③フィードバック事項を確認して、再度プレゼンテーションを実施します。前回との比較において改善した点や課題点等をメンバーが本人にフィードバックします。

④最後に全員の前で一人ひとりがプレゼンテーションを実施して研修の成果を披露します。

研修プログラム

管理者研修は原則として月1回開催で、全8回のプログラムとなっており、1回の研修につき、2つの研修プログラムを進めていくスタイルになります。

なお、研修時間外の活動(宿題)があることにより、8回でのプログラムとなっております。宿題なしでのプログラムでは、研修回数が増えることになります。その場合、別途ご提案をいたします。

研修プログラム

料金

1回400,000円×8回=3,200,000円

消費税は外税とします。