地域発展に貢献することを活動目的としたコンサルタント会社です

TEL:058-259-4518

企業の診断・治療のご案内

企業の診断・治療のご案内

戦後 70 年を経過し、医療技術の進歩により平均寿命は大幅に伸び、健康の基準も昔と比べ非常に高くなっています。それと同じことが企業においても発生していて、昔であれば許されていた企業の管理のレベルも上がっています。そのレベルに到達しない企業は、今や病にかかっている状態と言えます。

1.あなたの会社に以下のような症状がありませんか?

1)モチベーションの低下
2)借金体質
3)後継者問題・人不足

身体と同じように判からない病状が蔓延している可能性があります。これが一番恐しいのです。

【1.問診(企業の問題を当事者からお聞きする)】

問診

飛泉のコンサルティングは、総合病院医療と同じくお客様のお話しを聞くことからはじまります。

1.社員へのヒアリング
2.経営者へのヒアリング

【2.検査(企業の問題を客観的に分析する)】

検査

病院での診療と同じく、抱えている問題(病)の原因は何なのか、客観的な検査方法で確認することで、くわしく調べていきます。

1.決算書の調査・分析:血液検査
2.風土診断:CT検査
3.活性化診断:血圧測定
4.問題点の抽出・分析診断:健康診断

2.あなたの会社がかかっている病とは?

企業のかかる病は沢山ありますが、最も多いのは、切除手術(リストラ)が必要な大病や、臓器移植(M&A:企業合併)が必要な瀕死(倒産寸前)の状態ではなく、実際の人間と同様に生活習慣病のような慢性的な病気です。企業のかかる慢性的な病気とはなんでしょうか?

1)うつ病(モチベーションの低下)

安定した経営状態が続く、または、大変な経営状態の連続で日々の改善に目が向かない状態。モチベーションが上がらない状態、やる気のない状態が継続するというのが、どのような企業にも起り得る慢性的な疾患の状態です。例えるなら、うつ病などの精神疾患の一歩手前の状態です。人は常にストレスのない状態やずっとストレスにさらされる状態に長く耐えられません。耐えるための自己防衛本能として、習慣として捉えて無気力な状態を作りだします。この状態を気づかないと、慢性的な疾患(問題点)を放置していても気づかなかったり、その状態でいいという判断をするようになってしまいます。
このこと自体は病気とは言えないまでも、企業として「健康体になろう」「病気を治そう」とする意思を本人が持たないと何も進みません。その打開策が活性化です。
つまり、モチベーションを上げるための治療がどうしても必要です。この点が飛泉の行っているコンサルティングと他社との大きな違いと言えます。

うつ病

2)肥満症(借金体質)

掛かる経費・支出が摂取する栄養と捉え、上げられた売上・収入が代謝するエネルギーと捉えます。この収入と支出のバランスが崩れた状態が、栄養失調や栄養過多で起こる慢性疾患になります。先にあげた条件でいえば、借金が膨れ上がっていく状態が、肥満ということになります。経費を抑えてダイエットしないと、糖尿病など大病につながります。収入と支出のバランスを整え、余分な経費を削り、収入を増やす対策が必要です。
個々の企業によって効果的なダイエット方法は様々で、ある企業では 5S活動がポイントであったり、原価管理がポイントであったり、コミュニケーション管理がポイントであったりします。

肥満症

3)代謝障害(後継者問題・人不足)

企業が活動を長く継続していくために、人の入れ替わりは非常に重要です。人の身体でいう所の代謝の仕組みと言っていいでしょう。
人の細胞は入れ替わりの遅い早いの差が部位ごとにありますが、遅くとも 1 年ですべて入れ替わっていると言われています。
この代謝が上手くいかない状態、人が上手く入れ替われない状態が企業の慢性的に起きうる疾患の一つです。(糖尿病からの種々の疾患、痛風、脂質異常、肥満症なども代謝異常の一つと言われています)特に重要な器官 “経営者の 2 世、工場長” の入れ替わりの過程は重要で、多くの企業で抱えている問題の一つです。

代謝障害

3.あなたの会社の病を治す治療法があります!

1.治療(企業活性化)

ここからが、企業に対する具体的な治療の方法を明確にした治療計画になります。飛泉では先にあげた企業の慢性的な疾患に対する治療方法だけでなく、様々な企業改善の手法を持っています。特に飛泉の 「全員参加の活性化研修」プログラムでは、従業員のモチベーションアップと仕組みの構築を中心とした具体的な改善手法(企業の心と体の改善)を組合せ、講師と共に二人三脚で進める独自のものとなっております。

経営者研修役員研修二世研修管理者研修工場長研修新人活性化研修ISO研修
活性化研修

2.治療効果の説明(活性化報告・検証)

医療の世界では、治療を施すだけを良しとせず、その説明責任の重要性がうたわれています。それと同様に企業の活性化においても飛泉では、活性化を行うだけではなくその説明責任として、報告と検証を重要視しています。

治療の流れ

 

>>トップページに戻る