地域発展に貢献することを活動目的としたコンサルタント会社です

TEL:058-259-4518

人生の師 中村久子女史に学ぶ

1)無限の可能性を求めて

自己活性化とは、「自ら無限の力を信じそれに挑戦していくこと」です。この自らの力を信じ挑戦された方が、日本のヘレン・ケラーといわれる中村久子女史です。

中村久子女史

(1)無限の力を信じて

中村久子女史は、明治30年岐阜県高山市に畳職人の父、釜鳴栄太郎さんと、母あやさんの長女として生まれました。両親の間には長い間子供がありませんでしたので、久子女史誕生の両親の喜びようはたとえようもありませんでした。

久子女史が2才になった明治31年の冬のことです。久子女史が、「お父ちゃん、お母ちゃんあんよが痛いよ、痛いよ。」とただならぬ声で泣き叫ぶのです。不思議に思った両親が足の甲を見ますとこの部分が黒ずみ凍傷(霜焼け)になっていました。

この凍傷がもとで突発性脱疸(高熱のため肉が焼け、骨が腐っていく病気)となり、左手首、右手首、左足はひざとかかとの中間、右足はかかとから切断しなければなりませんでした。

それから久子女史の「自らの無限の力を信じた戦い」が始まりました。7才の時には父と死別し、厳しい生活環境の中で、お母さんの子を思う親心から厳しい厳しい教育が始まります。 10才のころ、手足のない久子女史にお母さんが、着物を与え、「ほどいてみなさい。」と言われました。「どうしてほどくのですか。」と聞きますと「自分で考えてほどくのです。」お母さんは、久子女史に一つのヒントも与えず、「言いつけたことができなければご飯は食べさせません。人間は人の役に立つために生まれてきたのです。できないことはありません。」お母さんは心を鬼にして女史を突き放たれたのではないでしょうか。

(2)挑戦は不可能を可能にする

不可能と思われたことが、知恵を生み、口で糸を通し、口で字を書き、口ではさみを使い、自らの挑戦が不可能を可能にしたのです。20才で高山を離れ興業の道へと歩まれました。「だるま娘」として名古屋の見せ物小屋に身を売られた久子女史は、裁縫や編み物、短冊や色紙に字を書いて売る芸や、針に糸を通し、その糸を口で結んで見せる見せ物芸人の道でした。それから苦難の中に自活の道を切り拓かれ、昭和12年(当時41才)4月17日東京日比谷公会堂で三重苦の聖人ヘレン・ケラー女史と対面されました。その時の様子を久子女史は次のように語ってみえます。「ケラー女史は私の側に寄り、熱い接吻をされました。そしてそっと両手で私の両肩から下へ撫でて下さる時、袖の中の短い腕先にさわられたとたん、ハッとお顔の動きが変わりました。下半身を撫でて下された時、両足が義足とお分かりになった。再び私を抱えて長い間接吻され、両目から熱い涙を、私は頬を涙にぬらして女史の左肩にうつ伏せてしまいました。」当時の新聞に、ケラー女史は「私より偉大な人!」と久子女史に絶賛を送ったと書かれています。

久子女史は、昭和43年3月19日岐阜県高山市の自宅で、72才で亡くなられました。

(3)母は樽のタガ

中村久子女史

『「貧困・差別・別離」から、「労働・結婚・子育て・学び・感動」を生み出し私を救ったのは両手両足のないことからでした。両手両足のないことに感謝しています。』この久子女史の言葉そのものがすばらしい自己活性化された姿を示しています。

『「精神一致何事不成」この文字こそは、世に稀な不具の身でありながら私をして、たとえまがりなりにも、苦難の連続にいどみつつ世の荒波と闘って今日あらしめた母の教えに心から感謝しております。』

久子女史が晩年に語られた言葉です。正に母は、中村久子女史の樽のタガであり、師でした。

中村久子女史との出会いは、私の会社に、久子女史の次女富子さんが勤務されていたことからです。富子さんの人間性にも感動しましたが、久子女史のすばらしい生き方を聞いてただただ感動し、自己活性化とは、「自らの無限の力を信じ挑戦していくこと」と確信いたしました。自分に気づき、自分の無限の力を信じて挑戦できる社員を育て上げることが企業活性化であり、大いなる発展の源であると確信しております。

一人の人間と出会うことで人生の師を得、それがその人のタガとなるのです。

(4)久子女史の歩み

中村久子女史の人生の歩みを改めて大きく分けると次の「生まれて・生きて・生かされて」の3つになります。

①生まれて

久子女史は1897年(明治30年)11月25日、岐阜県大野郡高山町(現高山市)に畳職任人の釜鳴栄太郎・あやの長女として出生。2才の時左足の甲に凍傷をおこし、それがもとで突発性脱疽(だっそ)になり、3才の時両手足を切断、闘病生活が始まる。7才の時父を亡くし、又10才の時弟と生別、母の再婚等苦労の生活が続いたが、祖母丸野ゆきのやさしい指導と、母あやの厳しいしつけの中で努力と独学を重ねた。結果、無手足の身に文字を書き、縫い物、編み物をこなすことを独特の方法で修得した。

②生きて

1916年(大正5年)11月16日、女史20才の時高山を離れ、独り立ちの生活を始める。無手足の身に裁縫・編み物・刺繍・口での糸結び・短冊書きを芸として、「だるま娘」の看板で興業界に入る。その後、弟や母との死別、又結婚と出産、夫との死別、再婚、仕事の苦労と幾多の苦難の中に生き抜く。その間、書道家の沖六鳳氏に会い、書の指導を受け、又座古愛子女史に出遭って生きる方向を見つけて努力精進した。1934年(昭和9年)哲学者の伊藤証信・朝子夫婦に見出され、興業界から身を引く動機をつかむ。

③生かされて

1937年(昭和12年)4月17日、女史41才の時、東京日比谷公会堂でヘレン・ケラー女史と出遭う。その時女史の口で作った日本人形を贈った。ケラー女史は、「私より不幸な、そして偉大な人」と久子女史に言葉をおくった。翌42才の時、福永鵞邦氏に出遭い、「歎異抄」にふれる。歎異抄が縁となり念仏者として生きる方向を確立する。

1942年(昭和17年)46才の時、興業界より完全に身を引き求道生活を深める。50才頃より、執筆活動・講演活動・各施設慰問活動を始め、全国の健常者・身障者に大きな生きる力と光を与えた。1950年(昭和25年)54才の時、高山身障者福祉協会が発足、初代会長に就任、65才の時厚生大臣賞を受賞した。69才の時は母を顕彰し、又身障者の生きる力の糧として、高山国分寺境内に悲母観音像を建立した。

1968年(昭和43年)3月19日、高山市天満町の自宅において逝去する。享年72才。

中村久子女史顕彰会による公式ホームページが公開されました。>生きる力を求めて~中村久子の世界