地域発展に貢献することを活動目的としたコンサルタント会社です

TEL:058-259-4518

飛泉塾 開講

 

「金融エレベーター」から降りて、今こそ自己研鑽をするとき

 銀行の大リストラ時代が叫ばれるようになり、これを元ネタにしたドラマも作られるようになりました。日銀のマイナス金利政策の影響は徐々に拡大し、金融庁もこれからの銀行の生き残り策として「コンサルティング業務」を持ち出しています。
 しかし、コンサルティング業務をやりなさいと指示され、簡単にできるのであればすでに銀行は、コンサル業を主業務の一つにしています。確かに、コンサルティング機能を有した関連会社を立ち上げ、出向の形をとっている銀行もあります。
 ところが、専門的な知識と経験を有するコンサルタントはすでに存在しており、銀行員がこの専門家以上の能力を有しているとは思えません。この専門的な知識と技量を育成する機関の存在こそ今、時代が求めているものです。
 弊社は、企業総合病院として、コンサルタントを医師、クライアント様を患者に見立て、病院機能を提供してきました。
 これまで弊社が培ってきたノウハウを元に、企業に対する医師としての役割を担う人財の育する期間を立ち上げ、飛泉塾として開校する運びとなりました。

問題解決能力
仕組み検証能力
人材育成能力

「樽式活性化法」をあなたの手に

 今回の飛泉塾では30数年で120社余りの企業活性化の実績を踏まえ、机上論ではなく、実務論の研修を行います。
 弊社の活性化法は「社員一人一人の意識改革と仕組みづくり」を柱とした「樽式活性化法」です。この樽を弊社では「自己・役割・仕組み」に例え、立体的に分かりやすく、それぞれの活性化法を考案いたしました。この樽式活性化法の最大の特徴は、樽という形を通して分かりやすく伝えることです。特に社員全員が樽という有形のものを通して、情報を共有化することで意識改革、仕組みづくりを進める上で大きな推進力となります。

人生は 出会いで決まる

 この研修は研ぎ澄まされた刀での真剣勝負です。気を抜けば一刀両断に切られます。そんな厳しい戦いをしてこそ実社会から認められるのです。
 塾長の私は今年75歳になります。毎年健康診断を受け、2年に一回ガン検診のPETを受けていますが、異常はありません。百歳迄の人生設計を立てその計画を全うすべく努力しております。
 さあ、貴方もこの飛泉塾で素晴らしい人生を歩んでいきましょう。

塾長 下裏 祐司

企業の総合病院としてのコンサルティング

問診 – あなたが医師となり、企業からお話を聞くことから始まります。

 企業の問題を当事者からお聞きするところから始まります。これは総合病院の問診と同様で、お客様のお話を聞き、抱えている問題を把握します。ここでは、経営者へのヒアリングと社員からのヒアリングの2つがあります。
 このヒアリングでは、会社内の問題だけでなく、家庭内の問題にまで踏み込む場合があります。適切なスキルを持って、問診を行わなければなりません。カウンセリング能力の学習もカリキュラムには含まれます。

検査 – 会社がかかっている病が何なのか診断します。

 病院での診療と同じく、抱えている問題(病)の原因は何なのか、客観的な検査方法で確認することで、詳しく調べていきます。決算書等の経営指標からの検査だけでなく、弊社の開発した「風土診断」「活性化診断」といった診断を通じて、原因の追究を行います。この診断ツールの利用法もカリキュラムに含まれます。
 また、全社員を対象とした研修を行い、ここで問題点の抽出・分析も行います。この研修からの一連の流れはコンサルタントとしての力量が一番求められる部分です。「樽」を使った研修を含めて、カリキュラムの中心になります。

治療 – 会社に対する適切な治療を施します。

 実際の治療を行うためには、問診・検査から得られた情報を元にして治療計画を作成します。全員参加の樽式活性化法による「活性化研修」を中心に据え、会社の病状に応じた研修プランを組み合わせていきます。それぞれのプラグラムには特徴がありますが、特に弊社の 「全員参加の活性化研修プログラム」では、社員のモチベーションアップと仕組みの構築を中心とした具体的な改善手法(企業の心と体の改善)を組合せ、講師と共に二人三脚で進める独自のものとなっています。

 問題解決と人材育成は片方だけで成り立つものではありません。両方を高度にこなしていく能力が求められます。
 病院では、治療効果の説明があります。病気が治癒したかどうかの説明責任があります。ここでは、治療方針に基づいて構築された仕組みの検証能力が問われます。検証した内容は、文書で報告することを弊社では重視しています。研修ごとの報告書、月次報告書、研修レポートなどがあります。
 確実な検証とお客様への文書での報告能力を養っていきます。

開催要項

日程

全12回(10月~翌3月までの6か月間)
Aコース(土曜日開催)、Bコース(日曜日開催)
時間:9時から17時まで

募集人員

各コース定員30名

受講料

90万円(1回あたり7.5万円)

開催場所

東京都内

受講期間中のフォローアップ

 課題に対する疑問、理解の定着や今後の活動に対する相談など、個別相談に対応いたします。
 毎週、弊社のツールである「気づきの窓」をメールにて無料配信いたします。この「気づきの窓」はご自身の今後のコンサルタントのツールとしてご利用いただけます。

受講修了後のフォローアップ

 飛泉塾養成講座を修了し、実力が認められた方は、飛泉認定コンサルタントとして認定し、セミナー開催・告知支援、案件紹介等のバックアップをしていきます。認定コンサルタントとなられた方は、飛泉のビジネスパートナーとして活動すると共に、それ以外の活動でも「飛泉認定コンサルタント」を名乗っていただくことができます。

応用講座、専門講座開講予定

 弊社では様々な研修プランが準備されています。これらのツールはコンサルタントとしての大きな武器になります。今回の講座は基本講座としての位置づけであり、それぞれの研修等の理解を深めていただくための応用講座、専門講座を飛泉塾では準備しております。